2015.07.15 10:00|カテゴリ:Security

Flashも、IE11も、Javaも。ゼロデイ脆弱性修正アップデートが目白押しなので適用を忘れずに!


 先日、本ブログでも触れましたFlash Playerの新たなゼロデイに対応したバージョンがリリースされました。

flash1800209.jpg


 Flashを利用している方は以下のサイトにアクセスし、速やかにアップデートしましょう。

Adobe Flash Player ダウンロード

Flashのゼロデイはまだ終わっていない もうひとつのFlash 0day|I believe in technology
先日、本ブログでも取り上げた「Hacking Team」に対する攻撃で流出した情報から発覚したAdobe Flash Playerのゼロデイ脆弱性。どうやらまだ安心はできないようです。




 また、Chromeでも同脆弱性対応版(43.0.2357.134)がリリースされています。こちらは、自動更新されるので、「Chromeについて」メニューで43.0.2357.134以上になっているかどうか確認しましょう。
 
 アップデートすることで以下のようにプラグインが脆弱性修正バージョンである18.0.0.209に更新されます。(私はFlash Playerを無効化していますが更新は完了しています。)

chrome4302357134.jpg


 さらに。
 
 Internet Explorerのゼロデイ脆弱性も修正されています。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-056 - 緊急

 こちらはWindows Updateで更新できます。今月は、これを含め、「緊急」が4件、「重要」が10件の合計11件出ているので、Windowsユーザは速やかに適用しましょう。
 
 さらにさらに。 

 Javaもアップデート(Version 8 Update 51)が来ました。
 
無料Javaソフトウェアをダウンロード

 先日、トレンドマイクロが公表したゼロデイ脆弱性はVersion 8 Update 45以下にあるとのことなので、これへの対応バージョンだと考えられます。


弊社の調査によると、Java の最新バージョン「1.8.0.45」は、この脆弱性の影響を受けます
標的型サイバー攻撃キャンペーン「Pawn Storm 作戦」、新たに確認されたJavaのゼロデイ脆弱性を利用 | トレンドマイクロ セキュリティブログ





 いずれも攻撃によく悪用されるソフトウェアばかりです。
 
 該当する方は、すぐにアップデートしましょう。
 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。