reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
 昨夜、SIMフリー化して使用しているauのAndroidスマホ、isai LGL22にアップデートが来ていたのでついアップデートしてしまったところ、なんと普段「Softbank」と表示されているロック画面に「ネットワークロック中」の文字ががが……。
 
 アンテナも立たず、通信はおろか通話もできません。
 
 「あー、やっちまったか」
 
 前回のアップデートでは問題なくSIMフリーのままだったので油断していました。ただ、この時点ではまだ余裕がありました。
 
 「またSIMロック解除すればいいや」と考えたからです。
 
 電話アプリを起動し、LGL22のSIMロック時に使う魔法の文字列「2945#*22*#」を投入……投入……は、反応がないっ。
 
 アップデート前であれば「SIMロック解除プロセス」の画面が出るはずなのに出ない……。この辺りから少し焦り始めました。
 
 「待てよ、確かアプリでもSIMロック解除プロセスに入れたはず」と「QuickShortcutMaker」を探し出し、起動してみるもやはりダメ。

 「これはまずい」と調べてみると、どうやら今回のアップデートはLGL22の「SIMロック解除プロセス」そのものを無効化する悪魔アップデートだったことが判明。
 
 がぁぁぁん。
 
 私は旧プランで契約しているau iPhone 6に加え、Softbankの通話し放題+データ通信2GB契約のSIMをこのLGL22に刺して使っていました。iPhone 6はデータ通信および家族通話専用、LGL22は電話専用として使ってきたのですが、このままではせっかくの通話し放題SIMが使えないことになってしまいます。
 
 最悪、別途ソフトバンク端末を買うか、SIMフリー端末を買うかしなければならないかもと、自分の不注意さを呪いながら、何か策はないものかと探してみたところ……見つけました。


744 :SIM無しさん:2015/06/24(水) 12:00:35.15 ID:pd73IaYy
>>729
「LGUnitedMobileDriver」 のデバドラと「LG Flash Tool 2014」ツール、及び「LGL2220D_00.kdz」ファイル
を用意して、デバドラのCOMをCOM41に変更し、「LG Flash Tool 2014」で”Normal Flash”で進めれば
ファームがlgl2220eからlgl2220dにダウングレードされて、docomo系 MVNOもつながるように復活した。
無論、totでなくkdzのファームダウンで”Normal Flash”で進めたので、インスコアプリやお財布も無事そのままだった。

「LG Mobile Support Tool」をenglishで実行し、「Connection to server failed. Try again in a moment.」ダイアログが出ても、
LGL22端末のファーム更新プログレスが100%になるまでしばし待てばOK。
【root】 au isai LGL22 【sim unlock】 vol.5 [転載禁止]©2ch.net



 要は、au LGL22のソフトウェア更新で「lgl2220e」にバージョンがあがってしまったのを1つ前のバージョン「lgl2220d」に戻せばよいということですね。いわゆるROM焼きでバージョンを戻します。
 
 ということで、必要なデバイスドライバ「LGUnitedMobileDriver」とROM焼きツール「LG Flash Tool 2014」、1つ前のバージョンのROM「LGL2220D_00.kdz」を探し出し、なんとかリカバリーに成功しました。結構面倒でしたし、すべて完了するのに1時間以上を要しました。

lgl22-12.jpg

 
 なお、上記2chで見つけたリカバリー手順には“「LG Mobile Support Tool」をenglishで実行し”とあったのですが、私は「Japanese」で実行したところ、ツール上のメッセージが文字化けしたものの、ROM焼きには成功しました。

lgl22-09.png

lgl22-10.png


 それにしても、2013冬モデルという1年半前の機種ですら利用者によるSIMフリー化は許すまじとアップデートで穴を塞ぎに来るとは……。他にも、LGL23、LGL24も同様にアップデートで「SIMロック解除プロセス」が塞がれていますし、キャリアとしてはSIMフリーは許したくないというのが本音なのでしょう。
 
 2015年5月より開始された「SIMロック解除の義務化」も、ふたを開けてみれば、「SIMロック解除ができるのは2015年5月以降に発売された機種のみで、購入後6ヶ月間はロック解除できない」という制限があるなど、キャリアはあくまでもSIMロックを解除したくないようです。

 今後他の端末でも利用者によるSIMロック解除が塞がれる可能性があります。すでに何らかの方法でSIMロック解除された方は、アップデートは慎重にした方がいいかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。