reynotch

reynotch

-
 消費者庁がレシピサイト「クックパッド」に酵素ジュースのレシピを公開し、公式TwitterアカウントがそのURLをつぶやきました。しかし、そのレシピに問題があったため、すぐさま批判的なリプライが返されることに。その後、すぐに消費者庁は問題のレシピを削除し、ツイートも削除、現在に至ります。

 問題のレシピは以下のように公開されていました。
kouso-shouhishachou-01.jpg
【使いきり】酵素ジュース by 消費者庁 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが207万品

 それが現在は以下のように削除されています。
kouso-shouhishachou-02.jpg
レシピ検索No.1/料理レシピ載せるなら クックパッド

 しかし、しっかりとアーカイブされているので、以下のページでその時のイメージを見ることができます。

【使いきり】酵素ジュース by 消費者庁 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが207万品
発酵を進めるために、清潔にした素手で一日に一度かき混ぜる。



 炎上しかけた原因はこちらの記述。

kouso-shouhishachou-03.jpg
 
 中でもわざわざ「コツ・ポイント」に記述されている部分はとても問題です。


コツ・ポイント
素手でかき混ぜるのは、手に付いた常在菌が発酵を進めるから。 こした酵素ジュースも保管の温度等によっては発酵が続く。冷蔵庫で保存するか、時々ガス抜きをすると良い。
【使いきり】酵素ジュース by 消費者庁 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが207万品



 「手に付いた常在菌が発酵を進める」とありますが、手には有害な菌も付着しているため、この作り方はとても危険です。また、このようにして作った「酵素ジュース」なるものの効能には否定的な意見も少なくありません。下記記事やその他の情報等を加味すると、個人的にはエセ科学の領域を出ていない、非常に怪しいものだと思います。

「酵素ジュースできれいになれる」は本当か?|食の安全|JBpress
私たちの体の胃からは、タンパク質を分解するペプシンという酵素が出てきます。外から入ってきたタンパク質である酵素を、私たちのタンパク質分解酵素が分解するわけです。これで、外から入ってきた酵素はアミノ酸という物質に変わります。「酵素ジュース」などで体に取り込もうとした酵素は、胃ですでにバラバラになってしまうというわけです。



 消費者庁は、本来であればこのような不衛生かつエセ科学的なレシピに対しNGを突きつけるべき組織のはずです。それが、薦める側に立つなんて一体どういうことなのでしょう?
 
 結局、すぐにレシピを削除し、ツイートも削除したというのは、やはり「これはまずい」と気づいたのでしょう。

 しかし、時すでに遅し。レシピはアーカイブされ、ツイートもキャプチャーされ、公開されることに……。




 問題のレシピには以下のように記載されています。


このレシピの生い立ち
兵庫県洲本市の依頼により、 レシピ:どいちなつ photo:ayako mogi 制作:NPO法人淡路島アートセンター が余りがちな食材を食べきる「もったいないレシピ」を考案しました。
【使いきり】酵素ジュース by 消費者庁 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが207万品



 兵庫県洲本市が依頼し「どいちなつ」という方が作成したようですが、いずれにせよそのレシピをクックパッドに消費者庁の名前で乗せ、Twitterで拡散したのですから、消費者庁もこの依頼には絡んでいるのでしょう。

 実際、クックパッド内の「消費者庁のキッチン」というページには、この「どいちなつ」という方によるレシピが多数公開されています。

消費者庁の公式キッチン [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが207万品


 おそらく、消費者庁の名で公開する際、その内容をろくにチェックしなかったのでしょう。チェック体制の不備は否めませんが、私が問題だと感じるのはその点ではありません。

 ミスやうっかりは誰にでもあるものです。問題なのはその後の行動です。なぜ、レシピを消し、ツイートも消し、だんまりなのでしょう?
 
 これでは、たまたまレシピを見て、消費者庁が出しているレシピだからと作ろうとしている人は気づかずに作ってしまうかもしれません。
  
 問題があった時に、それがなかったかのようにすべてを消してしまうのはよい対処とは言えません。
 
 今回の場合であれば、きちんとミスを認め、レシピは消すのではなくレシピの上に目立つようにこのレシピには問題があったことを記載し、お詫びすればそれでよかったのです。
 
 消費者庁という組織は消費者のためにあるものと信じているだけに、このような対応はとても残念です。

<追記>
 その後、削除に対する説明がツイートされました。しかし、どのレシピに問題があったのか、どのような問題だったのかについては一切触れられていません。また、なぜこのような自体に至ったかについても一切不明です。ツイートをレシピを見た人全員が見るわけではありません。一方、レシピが掲載されたクックパッド上では何もアナウンスがないようです。