reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
tt-sk02-01.jpg

 先日、ご紹介したレビュー評価の高いTaoTronics製Bluetoothスピーカー「TT-SK02」が届きましたのでレビューします。

高評価なTaoTronics製Bluetoothスピーカー「TT-SK02」を買ってみた|I believe in technology
そんな「TaoTronics」のBluetoothスピーカーが安い割りに音がよいとの評判を聞きつけたので、私も買ってみました。型番は「TT-SK02」、価格はなんとたったの2,669円!



 ご紹介時は在庫があったのですが現在は在庫なし。再入荷予定も立っていないとのこと。(最新の在庫状況は下記商品ページからご確認ください。)




 本エントリトップに写真を載せていますが、意外としっかりした箱に入ってました。しかも、この箱を開けると「HELLO.」の文字が。

tt-sk02-02.jpg


 こういうの、好きですwww 
 
 というか、以前紹介した同じTaoTronics製Bluetoothヘッドフォン「TT-BH03」の箱がしょぼかっただけに、「りっぱになったのねぇ」って感じです。

 箱の中身はこんな感じ。本体以外に、多国語対応のマニュアル、Micro USB充電用ケーブル、オーディオケーブル、リチウムイオンバッテリーが入っていました。

tt-sk02-03.jpg

 基本はBluetoothで接続するのですが、Bluetooth非搭載機でも付属のオーディオケーブルを使ってヘッドフォン端子と「TT-SK02」のAUX端子を接続することで利用が可能です。
 
 こちらは本体を斜め上から撮影した写真です。


tt-sk02-04.jpg

 正面から見て左サイドの上部には「N」のマークがあります。この部分をNFC対応スマホなどで触れるだけでペアリングができます。実際にAndroid端末3機種ほどで試しましたが、この部分に機種を触れさせるだけでペアリングが完了します。実に簡単。
 
 中央にある3つのボタンは、ボリューム上下とファンクションキーです。
 
 
 本体裏には電源スイッチと電源接続用のMicro USB端子、AUX端子、そして小さなLEDインジケーターがあります。

tt-sk02-05.jpg


 この電源接続用のMicro USB端子に標準添付のMicro USB充電用ケーブルをつなげるとPCなどから電源供給ができます。また、USB端子を持つACアダプタを使えば、直接コンセントから電源を取ることもできます。
 
tt-sk02-09.jpg


 裏面の左側はバッテリーボックスとなっており、標準添付のリチウムイオンバッテリーを入れて使います。バッテリーを本体に入れた状態で前述のようにMicro USB充電用ケーブルをつなぐと充電が始まります。もちろん、その間もスピーカーとして利用が可能です。
 
tt-sk02-06.jpg


 
 バッテリーが取り外し可能なのはいいですね。充電タイプのポータブルスピーカーは他にもありますが、バッテリーが取り外せないものはつい過充電してしまい、バッテリーそのものの寿命を縮めてしまいがちです。「TT-SK02」の場合、バッテリーがなくても、Micro USB充電用ケーブルで給電ができるので、自宅などで使用するときはバッテリーを取り外した状態で使用することができます。 
 

 接続はNFC対応のスマホであれば実に簡単です。スピーカー本体の電源を入れ、「TT-SK02」上部の「N」の部分にNFC対応スマホを触れ合わせるだけでペアリングが可能になります。

tt-sk02-07.jpg

tt-sk02-08.jpg


 NFC非対応のiPhoneでもさして難しいことありません。「TT-SK02」の電源を入れるとすぐにペアリングモードになるので、あとはiPhoneの設定メニューからBluetoothをオンにして待つだけです。
 
 ほんのちょっとだけ待つと「その他のデバイス」に「TT-SK02」が現れるのでタップすると接続ができます。

tt-sk02-10.jpg
 
tt-sk02-11.jpg


 ペアリングは最初に1回行うと次回からは自動的に接続してくれます。


 とまあ、こんな感じで実に手軽に使えます。肝心の音も、Bluetoothであること、このサイズであることを感じさせないほどの十分な性能を発揮してくれます。音は鮮明に聞こえ、癖がありません。多少低音に物足りなさを感じますが、このサイズですからね。
 
 私は主に出張時にホテルの部屋で映画を見るのに使うつもりですが、試しに持ち出し転送した映画を再生したところ、セリフの聞こえもよく、小さな割にちゃんとステレオ感があり、十分満足できるものでした。いやー、これでまた出張が楽しみになりました。
 
 重量は充電池込みで235gと軽量ですし、Micro USBケーブルを使って給電できるので部屋でしか使わないのであれば充電池を取り外して持っていくこともできます。Micro USBケーブルは汎用的なものなので、スマホ用のものがそのまま使えるのもメリットです。
 
 強いて欠点を上げるとすると「SCMS-T」非対応な点が挙げられます。ワンセグの音を出そうとしたときに非対応であることがわかりました。同じ「TaoTronics」のBluetoothヘッドホン「TT-BH03」は対応してたのに残念。といっても、そこまで「SCMS-T」対応である必要はないのですが。
 

 いやぁ、レビュー評価が高いのも十分うなずける製品ですね。これがわずか2,699円で買えるというのも驚きです。「TaoTronics」恐るべし!
 

 しかし、本ブログにていかに激賞しても、残念ながら現在は在庫切れで再入荷予定も立っていません。興味を持っていただいても現在は入手が困難な状況です。我が家でも子どもが欲しがっているので、在庫の状況は逐次チェックする予定です。在庫が復活した時には、Twitterでアナウンスするので、興味がある方はフォローいただくといいかもしれません。また、私より先に在庫復活に気づかれた方はぜひメンションを飛ばしていただきたいと思います。

 Twitterアカウントはこちら→ reynotch
 


 なお、前回ご紹介時に一緒にご紹介した防水タイプの吸盤式Bluetoothスピーカーも今朝まで在庫があったものの、こちらも現在は在庫切れ。(時々在庫が追加されています。最新の在庫状況は下記商品ページからご確認ください。)
  



 このスピーカーも良いものらしく、私のエントリを見て買われた方がわざわざ感想までくださいました。
 




 残念ながら、2機種とも在庫切れですが(時々在庫が追加されています。最新の在庫状況は上記商品ページからご確認ください。)、私が「TaoTronics」を知るきっかけになったBluetoothヘッドフォン「TT-BH03」はまだ在庫があります。しかも、値下げされており現在は2,399円です。こちらもおすすめですよ。
 



 最初は聞いたこともないメーカーだったので、果たしてどうかなーと疑っていたのですが、Bluetoothヘッドフォン「TT-BH03」といい、今回購入した Bluetoothスピーカー「TT-SK02」といい、とても気に入ったので、今後は要チェックのメーカーですね。また、いい製品を見つけたらご紹介しますね。

関連記事


品切れだった「TaoTronics」Bluetoothスピーカー「TT-SK02」が在庫復活 欲しかった方はドゾー|I believe in technology
私自身、すっかり気に入り、ほぼ毎日使っているスピーカーなのですが、人気も高く、入荷してもすぐに売り切れてしまうようで、なかなか買えない状況が続いていました。しかし、今なら買えます。


あの「TaoTronics」のアウトドア用防水Bluetoothスピーカー「TT-SK08」がお手頃価格に値下がりし、さらにクーポンで値引き|I believe in technology
 私の中では「Bluetooth製品と言えばTaoTronics」というくらいに気に入っているメーカー「TaoTronics」のアウトドア用防水Bluetoothスピーカー「TT-SK08」がお手頃価格に値下がりした上、クーポン適用で、2,499円ととてもお買い得になっています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。