2015.03.10 14:02|カテゴリ:Security

新しいMacbookやApple Watchに浮かれてないでAppleユーザは「FREAK」脆弱性パッチを適用しようね


 今朝は、アップルのイベント「Spring Forward」で、12インチの新しいMacbookやらApple Watchやらが発表されたのでさぞやアップル信者の方々は狂喜乱舞しておられるかと思いますが、その陰で、アップルが怒涛のセキュリティパッチ提供を行っているのはご存知でしょうか?
 
 各種Mac OS X向け Security Update 2015-002
 About Security Update 2015-002 - Apple Support

 iOS 8.2
 About the security content of iOS 8.2 - Apple Support
 
 Apple TV 7.1
 About the security content of Apple TV 7.1 - Apple Support
 
 これらはいずれも、TLS/SSLプロトコルの米暗号輸出規制に起因する脆弱性、通称「FREAK」脆弱性の修正を行うパッチが含まれています。
 
 「FREAK」についてはこの辺りを見ていただくとして、MacやiOS端末やApple TVを使っている方は速やかにアップデートしましょう。
 
 浮かれるのはそれからでも遅くはありません。まだ新MacbookもApple Watchも発売前だしね。
 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。