--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2015.03.03 18:00|カテゴリ:Security

ブルーレイディスクにご用心 脆弱性を悪用してマルウェアをしかけることができるんだって


 イギリスのハッカー、スティーブン・トムキンソン氏がBlu-rayプレイヤーの脆弱性を2つも発見しました。
 
 一つは、東芝、Lenovo、HP、デル、ASUS、エイサーなどのPCにプリインストールされているPowerDVDというソフトウェアに、もう一つはなんとハードウェアのブルーレイプレイヤーにです。

How a Blu-ray disc could install malware on your computer
A pair of vulnerabilities found in hardware and software for playing Blu-ray discs might come in handy for secret snooping by the U.S. National Security Agency.


 PowerDVDはPC上でブルーレイやDVDなどコンテンツを再生することができるソフトウェアです。その際、BD-J(Blu-ray Disc Java)というシステムで作成した動的なメニューやゲーム、インターネット上の最新トレーラーにアクセスする機能なども利用できるのですが、PowerDVDの脆弱性により、ブルーレイディスクに埋め込んだマルウェアを発動させることができるとのこと。 
 
 また、スティーブン・トムキンソン氏はLinuxベースのBlu-rayプレイヤー(ハードウェア)において、ルートを奪取することができる脆弱性を見つけており、こちらもブルーレイディスク上に配置されたマルウェアの実行が可能とのこと。
 
 「どれ、のんびり映画でも見よう」なんて思って、ブルーレイディスクをプレイヤーに突っ込んだら、マルウェア発動なんて嫌すぎです。 

 むろん、正規のBlu-rayディスクにこのようなマルウェアが仕込まれることはないと思いますが、海賊版など出所の怪しいブルーレイディスクを再生するのは今後控えた方がよいかもしれませんね。


 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。