2015.01.18 13:58|カテゴリ:海外ニュース

どうして? 国立公園の木に立て掛けられたままだった132年前のライフルが発見される


 米国ネバダ州のグレートベイスン国立公園で、ビャクシンの木に立て掛けられた1882年製ウィンチェスターライフルが発見されました。

Mystery of 132-year-old Winchester rifle found up against a tree in Nevada's Grand Basin National Park | Daily Mail Online
Mystery surrounds the discovery of a 132-year-old rifle found propped up against a tree in the Nevada wilderness.


 どのくらいビャクシンの木に立て掛けられたままだったのかはっきりとしていないものの、木製のベースの変色具合や部分的に使用されている金属鏡筒の錆などから、一世紀以上つまり100年以上もそのままであった可能性があるそうです。


(画像出典:Mystery of 132-year-old Winchester rifle found up against a tree in Nevada's Grand Basin National Park | Daily Mail Online

 それにしても100年以上も立て掛けられたままだったなんてすごいですね。公園なので小さな子どもが利用することもあったでしょうから、銃が倒れて暴発なんて事態にならなくてよかったですね。
 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。