reynotch

reynotch

-
 本日の Kindle 日替わりセールにミネット・ウォルターズの「遮断地区」が登場、52%オフの499円で購入が可能です。


 
 私が初めてミネット・ウォルターズの書籍を読んだのは「女彫刻家」でした。
 
 魅力的な主要登場人物とリアルな描写で最後まで一気読みしたのを覚えています。その後、デビュー作の「氷の家」も続けて読んだのですが、こちらも「女彫刻家」と甲乙つけがたかったように記憶しています。




 その後、しばらくウォルターズは読んでいなかったのですが、「遮断地区」は『ミステリが読みたい!2014年版』海外編で1位、『このミステリーがすごい! 2014年版』海外編で2位、『週刊文春 2013年ミステリーベスト10』海外編で3位に選ばれるなど評価も高かったので、私も半年ほど前にKoboで購入しました。

 積読状態でまだ読んでいないので、今回の52%オフでちょっと悔しい思いをしていますが仕方ないですね。

 「遮断地区」自体はまだ読んでいないので積極的にオススメはできないのですが、評判の高さ、過去作のレベルの高さから、そうそう外すことはないと思います。

 まだ読んだことがない方は、この機会にいかがでしょう?